痩身、ダイエットの豆知識

中学生、高校生でも痩身エステは通える?学生ならではのメリットや注意点を紹介!

更新日:

痩身エステは適応年齢は意外と低く、店舗によっても違いますが、15歳前後でもその適応となります。

そういった理由から痩身エステを受けたいと考える若い方も少なくありません。

しかし、若い時に痩身エステを受けるということは成人後に受ける場合と異なり、影響や効果も変わる場合があります。

また、若い時におこなうが故の注意点も存在するのです。

そこで今回、この若い時に痩身エステを行うメリットやデメリット、注意点などを紹介し、学割内容もまとめました。

若い時に痩身エステを受けるメリット

若い時に痩身エステを受けるメリットはいくつかあります。

それは学割が利用できる、健康的に痩せられる、若いうちからシェイプアップの知識が得られると言ったメリットがあります。

学割が利用できる

学割についてですが、これは多くの痩身エステで実施されているサービスです。

店舗によって内容は異なりますが、格安に施術を受けられる場合がほとんどです。

その割引率は10%程度が多いですが、金額に換算すると数千円から数万円割引になる場合もあり、お得度が違いますし、お店によっては驚異の50%という所もあります。

そういった制度を利用できるのは大きなメリットと言えます。

健康的に痩せられる

若いうちは基礎代謝も高いので痩身エステの効果も出やすい傾向にあります。

そのため無理なシェイプアップを強いることなく結果が出やすいと言えるのです。

さらに、きちんとしたプロの管理のもと痩身が期待できるので、身体に負担がかからず健康的なダイエットを行うことができます。

これは知識の乏しいダイエットを回避するという意味でも大きなメリットです。

若いうちからシェイプアップの知識が得られる

早いうちからシェイプアップの知識が得られるというのもメリットと言えます。

痩身エステでは施術以外にも栄養管理やエクササイズの方法など様々なアドバイスが得られます。

これは健康的に、しかも効率よく痩せる方法として最適なものが多いです。

そのため、若いうちから適切なシェイプアップ方法を選べるようになることで、社会人になっても体型維持や身体の管理を行うのが容易になります。

これは早いうちほど知っておくと後々効果的なので、メリットとして挙げることができます。

このように若い時に痩身エステを行うのは金額だけでなく、安全に、そして将来に渡って美しい体型を維持することができるようになるというメリットもあります。

若い時に痩身エステを受けるデメリット

若い時に痩身エステを受けることは残念ながらデメリットもあります。

それは経済的にな理由で継続しにくいという点や身体にネガティブな影響が出やすいという点です。

経済的に難しい

経済的に継続しにくいという点は、学生の場合、経済的に独立していないことも少なくありません。

学生はアルバイトのお金や親からの援助で痩身エステに通う場合があります。

社会人で自由にお金を使うことができる場合と異なります。

さらに継続したくても「お金がない」というケースがあるのです。

こういった経済的な理由で継続できないことがあるというデメリットもあります。

また、社会人の場合、お金がなくともローンを組んだりすることができますが、そういったことができないのもデメリットと言えます。

身体への悪影響

若い時から始める痩身エステは身体に良い影響も出やすいですが、逆の場合もあります。

  • 使用するクリームの刺激が強すぎて肌荒れになってしまう
  • 痩身機器の電気や振動と言った刺激が痛みに感じてしまう

など、身体の反応が高い若い時期に痩身エステを行うと、社会人では気にならないような刺激でもかなりのダメージになってしまうことがあります。

そのため、痩身エステのスタッフとしっかり会話をして、少しでも違和感があればすぐに言うのがオススメです。

学生が痩身エステと契約する際の注意点

学生が痩身エステと契約する際の注意点は、勧誘に流されやすいこと、保護者の同意や同伴が必要なことが挙げられます。

勧誘に流されやすい

痩身エステで体験コースなどを受けたあと、ほとんどの場合、高額なコースを勧誘させられることが多いです。

学生ということもあり、断れずに契約させられてしまうことがあります。

さらに、高額なクリームなどを勧められ、言われるがままに買ってしまうこともあるのです。

不要なものを買わされてしまうことが多く、誰にも相談できないケースもあるため、注意するようにしましょう。

保護者の同意や同伴が必要

契約時に保護者の同意や同伴が必要なことが多いのも注意点と言えます。

痩身エステは時に10万円以上の契約をすることがほとんどなので、学生であれば保護者の同意や同伴が必要です。

煩わしいと思って社会人だと嘘をつくと、様々なトラブルに巻き込まれることが多いので、多少面倒であっても親と一緒に契約を行った方が安心です。

そのため、痩身エステにはきちんと学生であることを伝える必要があります。

学割がある痩身エステの紹介

学割がある痩身エステは多くありますが、その中でも大手の痩身エステを紹介していきます。

エルセーヌ

エルセーヌの学割内容は通常価格の10%引きで利用できます。

対象コースはディエステ、フェイシャルエステ、エステ脱毛の各コースです。

ただし、体験コースは対象外で、高校生や18歳未満の方は痩身エステを受けることができませんので、実質大学生や専門学校生が対象になります。

ミスパリ

ミスパリの学割内容は50%引きです(名称はダイエット学割)。

ただし、適応コースは時期によって異なる場合があるため、実際に契約時に確認をしたり、事前に問い合わせることが重要と言えます。

バイオエステBTB

学生(20歳~22歳の学生限定)で初回からコース一覧記載の会員優待価格で痩身エステを受けることができます。

学生証提示でかなり割り引かれるようですが、その金額は契約時に提示されるため、時期によってやや異なる場合があります。

参考価格として一番人気の「バイオセルファイア(5カ所)」の体験コースは初回2,000円で受けることができます。

まとめ

若い時に痩身エステに通う場合は、契約時やエステの効果が社会人になってから受けるのとは、様々な面で異なってきます。

この違いを十分に理解して痩身エステを受けるのがオススメです。

-痩身、ダイエットの豆知識

Copyright© 痩身エステ比較ランキング2019【レッツ痩身】痩せる口コミは本当?体験コース紹介 , 2019 All Rights Reserved.